個別指導塾で叶える勉強方法「気軽に質問できる環境」

進度や科目配分が自由です

勉強に集中したい人に

先生と生徒

受験勉強で、あるいは日常の学習の補助として塾を利用するケースは多いですが、中でも個別指導塾は塾と家庭教師の両方のメリットを合わせもっているので人気が高いです。塾での集団授業は、費用的には一番安く授業を受けられます。学校の友達と通ったり、塾内で友達を作ったりすることもでき、誰かと一緒に勉強した方がモチベーションが続くという人にはお勧めです。もちろん個別の質問にも対応してもらえるので、積極的に質問できる場合は授業に置いていかれる心配もありません。個別指導塾は、同じ学校の友達とも通いやすく、なおかつ授業はほぼ個別指導なので集団授業より質問しやすく、さらに授業ペースも自分に合わせてもらえるのでオリジナルの授業をすることができます。家庭教師も授業のペースが完全に自分に合わせてもらえますが、勉強場所が自宅というのがネックです。自宅だと塾友達は作れませんし、なかなか集中できない場合もあります。塾に行くということで気持ちが切り替えられ、集中しやすくなります。また塾には勉強や受験に関する資料が揃っているため、それらを活用する目的でも個別指導塾はお勧めです。個別指導塾は、授業自体はマンツーマンで進みます。授業の進むペースはもちろん、科目配分や授業時間も、学校生活やプライベートの予定、そして本人の得意や苦手に合わせてオーダーメイドが可能です。講師も相性が悪いと感じたら変更が可能で、自習室も利用できる場合もありモチベーションが続く仕組みが満載です。

きめ細やかな指導が魅力

学生

これまで学習塾というと、大きな教室の中で一人の講師による授業を多くの生徒が聞くというスタイルが一般的でした。これも十分な学習効果を持つものの、さらに違った特徴を取り入れた個別指導塾と呼ばれるものも登場しています。従来の学習塾よりも優れた特徴が多いことから、多くの生徒さんから選ばれている塾です。最も大きな違いは、生徒一人に対して一人の講師が勉強を教えてくれることです。黒板を使って講師が一方通行的に授業を進めていくのとは異なり、個別指導塾では生徒の学習に合った指導が可能となっています。生徒がわからない点を重点的に指導できるため、授業についていけないといったことを防ぐことができます。さらに生徒の学力によって指導を変えることもできるため、授業が難しすぎて合わないといったこともなくなります。学習環境の面でも、個別指導塾には大きな利点があります。教室内では、学習用にパーティションで区切られた生徒一人分のスペースが与えられます。大教室で行う授業と違い、他の生徒が目に入らなくなるため、学習に集中できるというメリットがあります。自分から積極的に課題に取り組める生徒さんに、特に向いている学習スタイルです。同じような特徴を持つ家庭教師に比べると、安い授業料で受講できるのも特徴と言えるでしょう。きめ細やかな指導をより安い料金で利用できるのは、子供の学費を節約したい家庭にも最適です。学習の進度についても個別指導塾によってしっかりサポートされますから、遅れが出にくい勉強法と言えます。

弱点を克服

教材

大学が二極化していると言われていますが、大学側も生徒獲得のためにあらゆるアイデアを出しています。有名大学とそうでない大学の差は開く一方ですし、在り方そのものが問われていると言えます。もちろん受験生も同様で、有名大学と評されるところに入学を果たすのは大変です。学校の授業のみでは不安に感じているようです、放課後や休日に塾や予備校に通う割合が増えています。ただ、塾や予備校であれば何でも良い訳ではありません。成績をアップさせるには、個別指導塾がベストだと言われています。大勢で授業を受けるスタイルの場合、どうしても分からない問題をそのままにしてしまうと、また次の課題がやって来てしまいます。個別指導塾が選ばれているのは、課題をその場で克服出来る点ではないでしょうか。大学受験においては英数の出来が合否を左右しますが、個別指導塾は英数に抜群の強さを誇ります。英語の長文問題やリスニングを得意分野にすることで、他の受験生を大きくリードすることが出来ます。試験当日から逆算をしてカリキュラムを作成することで、学校生活に支障をきたすこともありません。ですので、部活動との両立も可能なるでしょう。合格に向けた最短距離を歩める場所だと断言することが出来ます。講師はベテランから若手まで経験が豊富ですし、心身の両面で最大限のサポート体制を敷いてくれるはずです。常に結果が求められるのが個別指導塾であり、生徒と親御さんの心強い味方です。