個別指導塾で叶える勉強方法「気軽に質問できる環境」

必ず「体感」してください

塾の良い選び方

勉強

受験や成績アップのパートナーとして、個別指導塾に通うことは非常に有効です。しかし、さまざまな特徴を持つ個別指導塾があるので、きちんと判断基準を持っておくことが大切です。指導料や講師の指導力など、確認すべき事項は数多くあります。その中でも最も大切なのは「勉強できる環境」が整っているかどうかです。個別指導塾であれ、集団指導塾であれ、塾を有効活用できるかどうかは生徒にかかっています。もちろん毎週授業を受けることは必須ですが、その授業以外の時間の使い方によって、勉強成果は大きく左右されます。そのため授業以外の時間も利用ができる個別指導塾が理想的です。例えば、授業が行われない自習室があれば、生徒たちは授業日以外も通塾することができます。もちろん塾の自習室には、勉強に対してより意識の高い生徒たちがいるので、学校の自習室よりも規律が保たれ、よい良い刺激がある場所となります。その他にも、質問ができるスペースがあり、豊富に参考書や教科書が配備されていることも、生徒の通塾を促してくれます。大切なことは、その個別指導塾がいかに生徒が勉強に専念できる環境かということですが、それを確認するのは生徒本人です。取り寄せた資料や電話越しでの説明だけでは、最も大切な「環境」を完全に理解することはできません。まずは生徒本人が、無料体験授業などを使って塾に足を運んでみましょう。受験では、出題形式や出題傾向を事前に念入りに調べます。それと同じく、勉強のパートナーとなりうる塾も、きちんと事前調査をすることが大切です。

疑問や質問を素早く解決

生徒

成績を効率良くアップさせるには、学校の授業だけでは物足りないと言われています。塾や予備校に通う生徒は右肩上がりに増えていますが、全員が全員ともに満足度が高い訳ではありません。その最大の要因と言われているのが、指導体制ではないでしょうか。多くの塾や予備校はカリキュラム通りに授業が進められて、分からない生徒には授業が終わってから対応することになります。疑問や質問を後回しにしてしまうことが、成績アップの妨げになっているようです。それらを解決する最善の方法が、個別指導塾ではないでしょうか。マンツーマン授業が基本型になっていて、分からない問題や疑問をとことんまでレクチャーしてくれます。特に成果を発揮するのが理数系の科目だと言われていて、短い期間に飛躍的に点数を稼ぐことが出来ます。家庭教師は学生のアルバイトがメインですが、個別指導塾は受験のプロフェッショナル集団です。大学入試であれば、過去の出題を徹底分析して当日に備えてくれるはずです。個別指導塾の授業料金は、通常の塾や予備校に比べると割高になるのは確かです。しかし、受験は合格することが一番の目標になります。ラストスパートが効き易いのも個別指導塾ですし、弱点のないオールラウンダーになれるのではないでしょうか。個別指導塾に通う生徒の割合は増えていて、高い指導実績を誇っています。英語の指導にも情熱を注いでくれますし、世界に羽ばたく人材を育成するのがコンセプトです。

授業形式をチェック

鉛筆

個別指導塾を始めて利用する際の流れとしては、一週間のうち何日、塾に通うことにするのか時間帯はどうするのかということから細かな時間割りを決めていくことから始まります。当然、別の塾や習い事の用事と重なってしまうことや学年によっては部活を続けていることもあるので時間割を決めるということはとても重要な流れの一つなのです。次に授業形式について打ち合わせをしておく必要があります。先生一人に対して生徒が何人担当となるのかということや、どういった教材を使用するのかということが重要なのです。個別指導塾の申し込みの際には、入塾したい生徒の現在の成績や学習状況について伝えておくことが肝心です。入塾段階での学習状況に応じてカリキュラムや目標が変わってくるからです。その際には学校での成績や模試の結果を伝えると良いでしょう。また、申し込みはネットや電話から行うこともできますが一度は実際に個別指導塾に足を運ぶことがおすすめです。自分の目で指導の様子を見ることで具体的なイメージが膨らむからです。自分に合っているかということや指導のレベルについても大体把握することができます。その際に申し込み用紙やパンフレットをもらえることも多いので、申し込みの段階で一度個別指導塾に足を運ぶことは非常に意義があることなのです。最終的に申し込みを行った後は、入塾料を支払うことが必要なことがあります。必要なお金を振り込めば申し込みは完了です。